【初心者必見】僕がGoogleアドセンスに合格した理由と記事の書き方

ブログ
スポンサーリンク

「Googleアドセンスに合格する基準が知りたい、、、」

「Googleアドセンスに合格するにはどうしたらいいかわからない、、、」

この記事では、こんな悩みを解決します。

この記事でわかること

☑Googleアドセンスの判断基準(個人的考察)

☑Googleアドセンスに受かる記事の書き方

Googleアドセンスに合格すること。

それは、収益化したい初心者ブロガーに立ちはだかる第一関門といってもいいでしょう。

僕はその第一関門をつい先日突破したものです。(※2020/6/25)

10日間という長い期間の審査でしたが、一発で合格することができました!

この記事では、Googleアドセンスに合格した時の僕の状況から、Googleアドセンスに合格した理由を考察していきます!

また、僕が実践している記事の書き方や、勉強方法について紹介していきます!

Googleアドセンス合格時の状況

まずは、Googleアドセンスに合格した時の僕の状況を整理します。

  • 記事数 申請時→14記事 合格時→23記事
  • 頻度:毎日更新
  • ジャンル:主に就活関連
  • 文字数:2000~3000字
  • アフィリエイトリンク:有
  • お問い合わせフォーム:無
  • プライバシーポリシー:無
  • PV:500以下
  • ドメイン:お名前ドットコム
  • サーバー:エックスサーバー
  • テーマ:Cocoon

Googleアドセンスに合格した理由の考察

一番の理由は、悩みを解決できる記事を作ることに専念していたことだと思います。

アフィリエイトリンクは貼っていたものの、読者の悩みを解決するために必要なものを紹介していました。

自分が友達などにアドバイスをするような感覚で、記事を書いています。

収益化を考える前に、まずは誰かの役に立つ記事を書くことに専念しましょう。

Googleアドセンス合格にはお問い合わせフォームやプライバシーポリシーが必須のような情報もありますが、僕が合格した時には設置していませんでした。

また、PVは見ての通りめちゃめちゃ少ないです(笑)

なので、PV数もあまり関係なさそうですね

あくまでも、記事の内容が審査に影響してそうです。

Google先生が、この記事は有益な情報が含まれる!と判断してもらえるような記事がいくつかあれば、大丈夫な気がします!

Googleアドセンス合格者が実践している記事の書き方

それでは、Googleアドセンス合格者の僕が実践している記事の書き方について説明していきます!

記事を書く準備編
  • キーワードを決める
  • キーワードの上位サイトの分析をする
  • ペルソナを具体的にイメージする
  • ツイッターを運営する
記事の内容編
  • 読者目線になって記事を書く
  • 誰かの役に立つ記事を書く
  • 導入は読者への呼びかけ
  • 画像はフリー素材

記事を書く準備編

キーワードを決める

検索の際にどのようなキーワードで引っかかるような記事を書くかを考えます。

いわゆるキーワード設定というやつですね。

記事を書く前にキーワードを意識することで、キーワードを軸とした読者のニーズに近い記事を書くことができます。

キーワードの上位サイトの分析をする

キーワードを決めたら実際に検索してみましょう。

そこで最初の方に出てくるサイトをいくつか見て、どのような情報の需要が高いのかを分析していきます。

ここで、自分の記事をどのようなものにするかある程度イメージしておきましょう。

もちろん丸パクリはいけません!

ペルソナを具体的にイメージする

どのような読者に向けて書いているのかをより具体的にイメージしましょう。

具体的にイメージすることで、読者に寄り添った記事を書くことができます。

具体性がより高いほど内容の濃い記事になると思います。

僕が就活の記事を書くときは、現在就活をしている元運動部で元気な友達、をイメージています。

ツイッターを運営する

集客の一つの手段として、ツイッターの運営をしていました。(※現在もしています。)

特にブログをはじめたての頃は、検索からあなたのサイトを見に来てくれる人はなかなかいません。

ツイッターで記事についてのツイートをすると、その分露出が増え、少しですが見に来てくれる人はいます。

また、ツイッターにはブログをやっている人たちがたくさんいます。

その人たちをフォローしていると、孤独感がまぎれるので、ツイッターはぜひ活用しましょう!

記事の内容編

読者目線になって記事を書く

読者が見たい記事はどのようなものなのかを意識することが一番重要です。

読者の悩みは何なのか、どんな記事が見やすいのか、読者ファーストで考えましょう。

まずは、改行を増やすなどの簡単なとこから手を付けていきましょう!

僕は「。」がつくごとに改行を入れています。

誰かの役に立つ記事を書く

だれかの役に立つ内容でなければ、その記事が読まれる可能性は低いです。

ここで、いきてくるのがペルソナ設定です。

記事を書く前に、どんな人に向けて書くのかをイメージしました。

具体性が高いほど、読者の悩みをイメージしやすいです。

自分なりに読者の悩みを考え、それを記事に書いていきましょう。

導入は読者への呼びかけ

読者を引き込むために、導入は読者への呼びかけにしています。

そうすることで、読者に当事者意識をもってもらい、記事に目を通してくれる確率が上がります。

呼びかけの内容は共感を得るものにしています。

共感を得ることで、読者が前のめりになってくれるような工夫をしています。

画像はフリー素材

使っている画像はフリー素材を使っています。

Googleアドセンスの審査基準に著作権の項目があるので、ネット上の画像を無断で使っている人がいたら注意した方がいいですね。

また、記事に関連する画像をいれることで、読者が記事のイメージをしやすくなるので、おすすめです!

初心者におすすめしたい本

いままでの情報は、自分が本を何冊か読んで得た情報です。

その中でも、とりあえずこれは読んでほしいという本を紹介します!

もし今まで紹介した内容が知らないことばかりであれば、ぜひ読んでほしい本です!

この本を読むと、ブログの基本中の基本について学ぶことができます。

ブログの作り方から、アクセスの伸ばし方まで様々なテクニックが書かれているので、ブログの教科書のようなものです!

実際に今でも読み返すほど、重要な情報が書いてあります。

まだ、ブログの勉強が足りてないという方は、一度読んでみてほしい一冊です!

まとめ

Googleアドセンスに合格するには、悩みを解決するような記事を書きましょう。

読者の立場になって考えることが重要になってきます。

以下の僕が記事を書く手順と、自分の記事の書き方を比較してみてください。

記事を書く準備編
  • キーワードを決める
  • キーワードの上位サイトの分析をする
  • ペルソナを具体的にイメージする
  • ツイッターを運営する
記事の内容編
  • 読者目線になって記事を書く
  • 誰かの役に立つ記事を書く
  • 導入は読者への呼びかけ
  • 画像はフリー素材

自分もまだ未熟な初心者ブロガーですが、少しでも参考になれば幸いです(^^♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました